本日の審査総評 審査員/岡田 将

 本日は大学生部門に始まり、高校生部門と非常に高いレベルでの演奏が繰り広げられ、同じ一台のピアノからは、それぞれのフレッシュな個性と意思表示のはっきりした世界観が伝わってきました。欲を言えば、ピアノを弾くという技術は近年まれにみる飛躍的な進歩が見える反面、音楽的なアプローチがあともう一歩欲しいところ、といった場面もありました。何はともあれ、今の自分にしかできない渾身の演奏は、凄い生命力に溢れ大変魅力的だと思いました。

 最後の部門はシニアA部門、シニアB部門。最年長85歳の方もエントリーしてくださいました。人生の中で色々な経験をされてきたからこそ出てくる音楽なんだろうなと、心の奥深く感動しました。曲の始まり2小節聴いただけでも、まるで別世界にいるかのような錯覚に陥るほどです。これからもっとたくさんの方の演奏が聴けるとうれしいですね。

 

 御父兄と演奏されたみなさまをはじめ、関係者の方々のご尽力のおかげでコンクール2日目も無事に開催できましたことを、深く感謝いたします。

 

本日は誠におめでとうございました。

8月12日開催/本選の結果

Copyright (C) 2015 Kyushu & Yamaguchi Music Association. All Rights Reserved.